予防歯科

歯の予防をする大切さについて

患者さまの一人ひとりのお口の中を清潔にする意識によって左右される歯の健康。虫歯や歯周病の進行が悪くなってからでは、治療期間や費用面でも患者さまの負担が大きくなってしまいます。
予防の大切さと定期検診を、くろひじデンタルクリニックではご来院された患者さまにお伝えしております。定期的に歯科医院での検診により、虫歯の再発防止や最小限の治療などにつながり、患者さまの歯の健康を守れる事が可能です。

当院の予防定期検診について

当院では治療後の定期的な検診は1ヶ月に1回、もしくは2〜3ヶ月に1回の頻度で検査や予防をおすすめしております。

口腔検査(全体的なお口の中をチェック)

口腔検査(全体的なお口の中をチェック)ご来院していただきましたら、まずお口の中を全体的にチェックしていきます。必要に応じて、歯周病治療の改善具合を確認するために口腔内写真やレントゲン撮影をいたします。虫歯や歯周病が見つかれば。そのまま治療へと移行します。
定期検診でみつかる虫歯などは初期の段階がほとんどなので、ひどくなってから治療をするより精神的負担や金銭的負担を大きく削減することが出来ます。

実地指導(歯磨き指導)

実地指導(歯磨き指導)歯並びは人それぞれ違います。患者さまお一人おひとりに合わせた歯磨き方法をご案内します。
また、どんなに歯磨きをしていても歯ブラシがご自身のお口に合っておらず、歯茎を傷つけたり、磨き残しが多かったりと、ますますお口の状態が悪くなってしまう場合があります。ご自身に合った歯ブラシを選び、定期的に交換するようにしましょう。

スケーリング(歯石取り)

スケーリング(歯石取り)ご自宅で普段行っている、歯ブラシやフロスでは取ることが出来ない固い歯石を、専用の器具を用いて衛生士が除去していきます。歯石は放っておくと、歯周病の原因になります。定期的に取っていき、清潔な口腔内を保つようにしましょう。

ご自宅で行っていただくセルフケアについて

歯磨き

歯磨きなるべく毎食後に歯磨きをしましょう。また、夜寝ている時が菌の繁殖が多いので、寝る前にしっかり歯磨きを行っていただく事をおすすめしております。当院では歯磨き指導で患者さまに合った正しいブラッシング方法などをお伝えいたしますので、ご自宅のケアも心がけていきましょう。

フロスや歯間ブラシ

フロスや歯間ブラシ歯磨きの後に、デンタルフロスや歯間ブラシで、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や小さな隙間を綺麗にします。当院ではできるだけ食べ残しがない状態を維持する事をおすすめします。

「デンタルフロス」=使用する際は、鏡を見て確認しながら、歯肉を傷つけないようにして歯と歯の間に入れましょう。※糸が引っかかる、ほつれた場合は、 歯と歯の間にむし歯があるか、歯石がついていたりしている疑いがあります。その際は当院へご相談ください。

「歯間ブラシ」=歯と歯の隙間には個人差があります。特に歯周病が進行している場合は、歯と歯の隙間は大きくなります。歯間ブラシは複数のサイズがありますので自分に適したサイズのものを選ぶことが大切です。

マウスウォッシュ(洗口液)

マウスウォッシュ(洗口液)就寝前に使用することをお勧めしています。
マウスウォッシュは、歯磨きで歯垢を除去した後に使用が1番効果的だと言われております。また、マウスウォッシュ直後は飲食を控えてください。マウスウォッシュで殺菌した後、飲食をしてしまったら菌が繁殖しやすい環境になってしまい、マウスウォッシュをした意味がなくなってしまいます。
使いすぎにも注意が必要です。口腔内に必要な常在菌まで殺してしまうおそれがありますので、適量を理解しておきましょう。

一番上に戻る
0944-85-9288